Bruno MarsのChunky タイトルの”Chunky”は「太った」という意味にあらず

Chunky (Bruno Mars)

SNL(Saturday Night Live)でも披露されたBruno Mars(ブルーノ・マーズ)のChunkyをピックアップしてみました。ブルーノの新アルバム「24K Magic」ではタイトル曲に続く2曲目という位置で、オープニングの24K Magicの勢いをそのまま引き継いだノリノリの曲調です。

この記事ではChunkyの歌詞や意味の解説と、歌詞に使われている英語表現やフレーズの解説をします。歌詞カードに付いてくる対訳はあくまでも一つの解釈です。英語の歌詞を英語で読み取って、あなただけの日本語訳や和訳をしてみてくださいね!

本サイトでは、批評・研究の目的での引用に留め、歌詞の全体像やその対訳・翻訳・和訳は、著作権や翻訳権の関係で載せていません。英語の歌詞についてはgenius.com>Chunkyをどうぞ。

歌詞全般について

chunkyという単語は英和辞書で調べると「ずんぐりとした、太った」という意味が載っていますが、スラングではnice, hot, cool, awesomeなど「すばらしい」という意味で使われているようです(この曲ではもちろんこの意味で使われています)。自分が目をつけた女性にアピールする男性が歌詞の語り手です。ただし一方的に女性に言い寄っているという感じはしません。それはなぜか? ブルーノ・マーズが歌っているからという理由以外に曲順も影響しているのではないでしょうか。24K Magicで描かれているクールな男性像が、そのままこの曲中でも聞き手の頭の中にイメージされるからでしょう。24K Magicの次にこの曲を持ってきたのは、そういう意味でも理にかなっているのかもしれません。

英語の歌詞と和訳のヒント

she got to shake her little something

got to …は「…に違いない」とでも意味をとればよいと思います。little somethingは「小さな何か」とぼかしていますが、次の歌詞に、それが何かを予測するヒントが隠されています。

throwing that thing from left, right, side to side

「交互に左右に振る」わけですから、that thingは「おしり」を指しているように思われます。throwは「投げる」でなく「振る」でOK。throw a dice(サイコロを振る)と言う場合に同じ。

she got to have her own money

「彼女は自分自身のお金を持っているに違いない」=「独立した女性」だということ。

shout out to the girls that pay their rent on time

shout outは「感謝を表す」こと。英辞郎によれば、「シャウトアウトは、ヒップホップ音楽において、曲の始めに歌手自身が尊敬している人物へささげる、メロディにのせていない歌詞の部分を指す」そうです。「期限通りに賃料を払う女の子たちに感謝しよう」が直訳。いずれにしても、独立した女性をたたえているフレーズ。

if you ain’t here to party, take your ass back home

partyは動詞で「楽しむ」という意味。take (bring) one’s assはアフリカ系アメリカ人でよく使われるスラングのようです。「楽しむつもりがないなら、家に帰ってくれ」という意味になると思います。

if you getting naughty, here’s my phone

naughtyは「いたずら好きな」や「みだらな」という意味があります。後者の意味で使われていることは明白。意訳すると「いけないことをしたいなら、これが俺の電話(番号)だ」ということでしょう。

slide with your boy to the bar, slide with your boy to the car

your boyは歌詞の語り手のことを指していると思われます。「俺(your boy)とバーに行って、車に乗り込もう」という感じに意訳できそうです。

I’ve been searching everywhere and now here you are

ずっと探し求めていた女がついに見つかったという言い回し。now here you areで「今君がここにいる」の意。

looking for them girls with the big old hoops that drop it down in daisy dukes

themはtheirの代用。hoopsは「(イヤリング)の輪っか」のこと。daisy dukesは1980年代に放映された海外テレビドラマThe Dukes of Hazzardの登場人物で、短く切られたジーンズがトレードマークになっています。歌詞の主人公はそのような女性をずっと探し求め続けてきたということのようです。ちなみに、イヤリングの輪が大きいほどみだらな女性だとの意味合いがあるのだとか。

I wanna get down

wanna = want to。get downはスラングで「楽しくやる」という意味があります。

I am the one, so I’m trying to recruit, I’m looking at you

I am the oneは主人公の自信が見えるフレーズ。「俺が君の運命の人なんだ」的な意味にとれるでしょう。recruitは「人を採用する」という意味。I’m looking at youは「君を見つめている」というよりも、「君に目をつけているんだ」というような解釈がよいでしょう。

yeah, you baby

「そう、君なんだよ。」Mr. Childrenの歌詞に出てきそうなフレーズ(個人的意見)。

now let me hear you say you ready (I’m ready)

直訳だと「準備ができてると君が言うのを聞かせてくれ」となります。I’m readyから、男性側は準備万端のようですが。

you better have your hair weave strapped on tight

you better …で「君は…した方がいい」の意味。have A strapped on tightで「Aをきつく締めておく」こと。hair weaveは「髪につけるエクステ」のこと。

‘cause once we can go, where we rolling, we’ll cha-cha ‘til the morning

‘cause = because。whereは「…の場所」という意味になる関係副詞の用法と思われます。rollはスラングで「楽しむ」、cha-chaはラテンダンスの一種。「一緒に出れることになれば、俺たちが楽しんでる場所で、朝まで踊りあかすんだ」のような和訳になるでしょう。

so just say alright

「だから、大丈夫(OK)だって言ってくれよ」ということ。

you got what I want (I got what you want)

「君には俺が欲しいものがある、そして俺は君が欲しいものを持っている」というお決まりのセリフ。

37-27-42

スリーサイズを示している数字。いわゆる男性が考える完璧なプロポーションであるようです。

squeeze all of that into my coupe

squeezeは「押し込む。」この場合は、coupe(クーペ)つまり車に押し込むということ。all of thatはスリーサイズのことを指しており、「その体を俺の車に押し込んで」と言っているわけです。

girl, I choose you

「俺は君を選んだんだ」的な男性のセリフです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ちょこ より:

    ブルーノマーズが大好きだけど、英語がほとんど分からない者です。アルバムが出てから辞書片手に歌詞の意味を模索中でした。とても言い回しが難しく、このページでたくさん勉強になりました!更新楽しみにしています!!

    • waterscene より:

      コメントいただきありがとうございます。私もブルーノ・マーズの最新作を聞いてますます好きになりました!スラングがたくさん入ってくるとたいへんですが、できるだけ英語に忠実な解説ができるようにしていきたいと思います。

  2. AAw より:

    37-27-42

    ↑どう考えても「太めの娘が好き」って歌だろw
    適当に訳すなよ

    • waterscene より:

      確かに「太めの娘が好き」ってことは言えてますね。日本語にも「ふくよか」という言い方にマイナスイメージがないように、英語にも「ふくよか」を意味するplumpという英単語があります。この曲のchunkyという単語はplump同様にマイナスイメージはない、というように解釈しています。