DJ Snake ft. Justin BieberのLet Me Love You 比喩満載の歌詞が示すのは?

Let Me Love You (DJ Snake ft. Justin Bieber)

先日、Major Lazerとのコラボ曲Cold WaterをリリースしたばかりのJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー)。その彼が矢継ぎ早に発表したのが、DJ Snakeとのコラボ曲Let Me Love You。Major JazerとDJ Snakeと言えば、Lean Onが超が3つ付くくらい有名です。EDM界のビッグネームが、ポップス界のスターとそれぞれコラボしたこの2曲。みなさんはどちらのコラボが好きですか?

この記事ではLet Me Love Youの歌詞や意味の解説と、歌詞に使われている英語表現やフレーズの解説をします。歌詞カードに付いてくる対訳はあくまでも一つの解釈です。英語の歌詞を英語で読み取って、あなただけの日本語訳や和訳をしてみてくださいね!

本サイトでは、批評・研究の目的での引用に留め、歌詞の全体像やその対訳・翻訳・和訳は、著作権や翻訳権の関係で載せていません。英語の歌詞についてはgenius.com>Let Me Love Youをどうぞ。

Let Me Love Youのストーリー仕立てのMVが公開されました!

歌詞全般について

let me love youで「愛させて欲しい」という意味。「愛してほしい」でなく、「愛させてほしい」ということは、歌詞の主人公は、相手を愛したくても愛せない状況なのでしょうか? この曲は、比喩表現を多用しているため、リスナーによって歌詞の印象は分かれるのではないでしょうか。個人的な見解を述べれば、主人公は恋人に見捨てられる危機にある(おそらくその恋人は既に見限っている可能性大)と感じます。ジャスティンの元恋人Selena Gonez(セレーナ・ゴメス)が彷彿される訳ですが…曲のクレジットにJustin Bieberも入っているので、その可能性は否定できません。真実は神のみぞ知る。

英語の歌詞と和訳のヒント

I used to …

過去の習慣を表す。「以前は…していた。」

we were burnin’ on the edge of somethin’ beautiful

直訳「僕らは何が美しいものの端で燃えていた。」この比喩を読むと線香花火を思い出してしまう。ネット上に和訳サイトはあまたありますが、ほとんどここの解釈は異なっています。あなたからどう解釈しますか?

selling a dream

「夢を売りながら。」ここも何を言っているのか、統一した見解はなさそうです。

smoke and mirrors keep us waiting on a miracle

keep A waitingで「Aを待たせる。」直訳「煙と鏡が、僕たちが奇跡を待つようにさせた。」煙と鏡は、進む道を阻む何かであることは確かですが、何を意味しているのでしょうか?

say, …

文頭のsayは、人の注意を引きつける役目をしてます。「ねえ、さあ」などと訳出可能。

go through the darkest of days

go through Aで「Aを経験する。」darkestはdarkの最上級。直訳だと「最も暗い日々を経験する。」上のsay, …と合わせて、「たとえば、もし…として」と意訳してもよいかと思います。

heaven’s a heartbreak away

直訳すると「天国は深い悲しみの分だけ離れている。」天国を良い意味ととるか、悪い意味ととるかは聞き手の受け取り方次第です。前者だと「深い悲しみを味わった後は天国のような楽園が待っている」、後者だと「深い悲しみを負った後は、天国に行ってしまう(死を意味する)。」

never let you go, never let you down

I’ll never let you go, you’ll never let me downと主語を補って考えると、「僕は君を離さないし、君も僕を悲しませない。」

it’s been a hell of a ride

it’s = it has。a hell of Aで「どえらいA」程度が甚だしいことを指します。「なんてひどいrideなんだ。」rideは「乗り物による移動」のこと。

driving the edge of knife

「ナイフの端をドライブする。」危険な生き方を表すメタファーです。

don’t you give up

don’t you …で「…しないで」という強い禁止を表す命令文。

nah-nah-nah

nahはnoと同じ意味ですが、繰り返し使うと、日本語で言う「ダメダメ」というフレーズと似た印象になります。

I won’t give up

won’tは「…しないで」と、強い意志を表す。

don’t fall asleep at the wheel

at the wheelで「ハンドルをにぎって。」運転中に寝ないでと歌っています。運転はもちろん人生という旅を表していると思われます。

we’ve got a million miles ahead of us

we’ve  = we have。mile(マイル)は「約1.6km」なので、 a million milesで160万km。「僕らの前にはまだ160万kmもある。」

all that we need is …

all that …で「…のすべて。」「僕たちが必要なすべては」=「僕たちに必要なのは…だけ。」

rude awakening to know we’re good enough

rude awakeningで「(よくないことを)突然思い知らされること」とあります。good enoughは「十分足りている」という意味。自分たちがもう十分だと気づくこと。ここも聞き手によって解釈が分かれそうなポイントですね。

2番目の出だしをジャスティンが裏声で歌ってるのはなぜか?

2番目の出だしの部分を、なぜジャスティンは裏声で歌ってるのでしょう? 深読みかもしれませんが、もしかしたら相手(女性)の気持ちを代弁して歌ってるのではないでしょうか? とすれば、rude awakening以下の歌詞が、男に別れを告げ、前に進みたいと思う女性側の気持ちにぴったりとはまるような気がします。

どっちが好き?! 究極の選択

ほぼ同時期にリリースされ、同じくジャスティン・ビーバーをフィーチャーしている次の2曲のどちらが好き?

ジャスティン・ビーバーをフィーチャーした曲、どちらが好き?

投票結果

Loading ... Loading ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする