Fifth HarmonyのNot That Kinda Girl アルバムのハイライト曲

コンテンツ

Not That Kinda Girl (Fifth Harmony)

Fifth Harmonyの2ndアルバム「7/27」の収録曲。ラッパーのMissy Elliot(ミッシー・エリオット)をフィーチャーしたこの曲は、このアルバムのハイライトではないかと思います。歌詞の内容、サビに行くまでの曲のテンションなど、盛り上がりの要素がたくさん詰まっています。ライブで聴いてみたい1曲です。

この記事ではNot That Kinda Girlの歌詞や意味の解説と、歌詞に使われている英語表現やフレーズの解説をします。歌詞カードに付いてくる対訳はあくまでも一つの解釈です。英語の歌詞を英語で読み取って、あなただけの日本語訳や和訳をしてみてくださいね!

本サイトでは、批評・研究の目的での引用に留め、歌詞の全体像やその対訳・翻訳・和訳は、著作権や翻訳権の関係で載せていません。英語の歌詞についてはgenius.com>Not That Kinda Girlをどうぞ。

歌詞全般について

not that kinda girl = I’m not that kind of girl「私はそんな女じゃない」という歌詞は、女性を軽く見ている男に対する蔑みを含んでいます。歌詞に出てくる男女は、知り合ったばかりのようですが、男の方が次々とダメだしをされていきます。Fifth Harmonyのこのアルバムは、女性のパワーを感じる歌が多いですが、特にこの曲に関しては、その力がみなぎっている感じがします。

英語の歌詞と和訳のヒント

pull up

ここでの意味は「車に乗る。」

so what

「だから何?」

a Benz

「ベンツ。」ベンツに乗ってるからって何なの? という感じですね。

you wanna spend it on me

wanna = want to。itは前のフレーズで出てきたmoneyのこと。「私にお金を使いたいんでしょ」的な発言。

baby, please

このpleaseは「お願い」と相手に頼んでるわけではありません。逆に「頼むからやめてくれ」という意味になります。

tryna talk shit

tryna = tring to。shitは「○ソ」という意味なので、「くだらない話をしようとする。」

like I’m gonna follow

like …で「…みたいに」の意。followは「…と一緒に行く」というニュアンス。「私がのこのこついていくかのように」と意訳してもよいかと。

really?

「本気なの?」

I don’t even know you

「私はあなたのことを知ってさえもいない。」歌詞に登場している男女は、まだ知り合ったばかりのようです。

I don’t know you like that at all

not … at allで「まったく…ない。」like thatは「そのように」と訳せますが、ここではどんな意味なんでしょう?

if you keep on staring

keep on …ingで「…し続ける。」「もしじっと見続けるなら。」男にしつこくされている様子が伺えます。

I’mma show you what it’s like to fall

I’mma = I’m going to。what it’s like to …「…することはどんな感じか。」「落ちることがどんな感じか見せてあげる。」男が見続けたら、どんな仕打ちがあるか、女性が言っている場面?

I think we got a problem

「私たち問題があるみたい。」

why you looking like I’m that kinda girl

why (are) you lookingとareを補います。「なぜ私がそんな女であるかのように見てるの?」

don’t treat me like I’m her

「私が彼女であるかのように扱わないで。」herとは、ここで言っている尻軽な女のこと。

cause just I’m hot doesn’t mean …

cause = because。hotは「すごくいい」という意味。「私がいい女だからといって…は意味しない。」

don’t get fucked up

スラング。次の文につながることを考えると、「ふざけないで」的な意味かと思われます。

boy, I wanna like you

boyは驚きなどを表す間投詞。続く文は「あなたを好きでいたい。」

it’s better if you just don’t speak

「話をしないほうがよい。」おそらくこの男は余計な口を叩くタイプの男のようです。

shut up

シャラップ。黙っての意。

but you don’t get it

get itは「理解する」という意味。「でも、あなたは理解しない。」

you wanna touch it

「あなたはそれにさわりたい。」itは何を指しているかははっきりしていません。

you’ ll regret it

「あなたはきっとそれを後悔する。」上の文と合わせて、「もし私に指一本でも触れたら、後悔させてやる」というような発言でしょう。

you’ll see, try me

you’ll seeで「あなたはわかるでしょう。」try meで「私を試してみなさい」=「やれるものならやってみなさい」というニュアンスが込められています。

I know what you’re thinking

「あなたが何を考えているか知っている。」

wanna find out what my body’s for

find out「見つけ出す。」what A is forで「Aが何のためにあるか。」「あなたは私の体が何のためにあるのか見つけ出したい」=「私の体が目的でしょ?」となるでしょう。

I don’t think you’re ready

I don’t think …「…とは思わない。」「あなたはまだ準備ができていない。」この女性に見合うだけの男ではないということを言っています。

show me you got something more

「あなたがもっと何かをもっていることを見せて。」

show me that there

上と同義と思われますが、ここでのthereのニュアンスは何でしょうか?

see, …

相手に説明をする際に用いる。

you can freak on the first date

freak onはこちらのget your freak on (Urban Dictionary)をご覧ください。「最初のデートで○○できる(女)」という意味。

I’m straight

noやno thanksの意味で使われる表現だそうです。断る場合に使うということですね。

I’ll make ya wait

ya = you。「あなたを待たさせる」が直訳。

I look good, look great

女性の自信が伺えるフレーズ。

want my cake

「私のケーキ」とは何を意味するメタファーか?

while he all up in my face

all up in one’s faceで「鼻につく」(嫌な)というイディオム。「鼻につくような態度で。」heは相手の男のこと。

he tryna get a taste

get a tasteで「味わう。」

what you think I’m a thot?

what you think …で「…とでも思ってるの?」thotはthat hoe over thereの頭文字をとったもので、ここでは「あばずれ」とでも訳してもよいかもしれません。

forget that

「それを忘れなさい。」女性のセリフ。

you been aronud the block

you have been …。around the blockで「人生経験を積んで」を意味します。

I ain’t with that

I’m with thatで「同意する」の意。それの否定形。

if you wanna smash

「もしsmashしたいなら」、smashは「やる」とでも訳せば意味がとおるでしょう。

why you talk trash?

talk trash「ごみ(みたいな)話をする。」

you got it bad

「あなたはそれを悪くしている」=「あなたは思い違いをしている」と意訳できそう。

you gets no ass

これもスラングですが、相手を非難しているフレーズでしょう(うまい解釈の仕方がわかりません…)。

de boys, dey love me

deやdeyは調べましたがよくわかりませんでした! ラッパーの英語は難しい…。

tell ‘em ain’t no freak

‘emはthemの略語。freakは上の方で説明したとおり。

don’t try to wife me

wifeを動詞として使ってます。「私を妻にしようとしないで」が直訳。

tell ‘em they no find no girl no like me

「私のような女は見つからないよ」的な発言でしょう。

give up mi panties

直訳「私のパ○ティーをあきらめなさい。」これは直接的ですね。

曲の聴きどころ

出だしを歌うNormani(ノーマ二)が雰囲気をつくり、Lauren(ローレン)にバトンタッチ。Laurenが歌うパートは音がどんどん上がっていくつくりになっていって、サビに向けて盛り上げています。そしてサビではCamila(カミラ)の特徴的なボーカルが堪能できます。もうこれだけで十分楽しめると思いますが、最後にMissy Elliot(ミッシー・エリオット)のパワフルなラップが登場します。ミッシーが最後に良いところを全部持って行ってしまってる感もなくはないですが、ここがこの曲のハイライトであることに異論はないでしょう。

Fifth Harmony 2ndアルバム「7/27」好きな曲ランキング

アルバム「7/27」から好きな曲を3曲選んで投票してね!

Fifth Harmonyの2ndアルバム「7/27」の中で好きな上位3曲は?

投票結果

Loading ... Loading ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする