Fifth HarmonyのTop Down 「楽しまなきゃ!」というメッセージ満載

Top Down (Fifth Harmony)

Fifth Harmony(フィフス・ハーモニー)のデビューアルバムのオープニング曲。スローテンポながらパワフルな曲調なので、ライブ向きの曲です。top downとは「車の屋根を下げること」を指しています。オープンカーに乗ってドライブするようなイメージです。

この記事ではTop Downの歌詞や意味の解説と、歌詞に使われている英語表現やフレーズの解説をします。歌詞カードに付いてくる対訳はあくまでも一つの解釈です。英語の歌詞を英語で読み取って、あなただけの日本語訳や和訳をしてみてくださいね!

本サイトでは、批評・研究の目的での引用に留め、歌詞の全体像やその対訳・翻訳・和訳は、著作権や翻訳権の関係で載せていません。英語の歌詞についてはgenius.com>Top Downをどうぞ。

歌詞全般について

オープンカーに乗って、風を感じながら、大都会に向かって走っていくイメージ。そして、都会では魅力的な男女が集い、ネオンが煌めく眠らない街で、夜通し楽しむ。とにかく「楽しもう」というメッセージが満載です。「お金はないけど、スタイルがある」というラインがありますが、大都会で楽しむには、それ相当の費用がかかるとは思いますが、その点にはこれ以上ふれないようにしておきましょう。

英語の歌詞と和訳のヒント

blaze it up

スラングで「思いっきり楽しむ」という意味。直訳すれば「燃え上がる」です。

we’ll be cruising with the top down

cruiseは「あてもなくゆらゆらと走る」という意味。よくクルージングと言いますが、「遊覧」と訳されるのは、もともとこういった意味があるため。with the top downで「車の屋根を上げて」の意味。

rev up the engine

rev up = run。「エンジンをふかす」ということ。

watch it go down

itが何を指すかによりますが、ここは車のことを指しているとすれば、車が目的地に向かってすいすいと進んでいく様子を見るという意味合いになります。

get in my truck and I’ll be riding with my top down

truckとは、いわゆる「トラック」ではなく、ここではオープンカーのことを指していると思われます。

yup

スラングでyesと同義。

the big city where the fellas are cute and the girls are pretty

whereは「…という場所」を意味する関係副詞の用法。fellasは「男の子、やつ、仲間」を意味します。かわいい男の子や、きれいな女の子がいる大都会へ向かって車を走らせているようですね。

it’s our world so you know

(just) so you knowは、相手が知らない情報を付け加えたい時に言うフレーズで、「ひと言言っておくと」という意味になります。

it’s going down

米語でgo down = happenの意味として使われるそうです。ここでは大都会は「(何かが)起ころうとしている(場所だ)ということを言っているのではないでしょうか。

I ain’t got a lotta money but I got a lotta style

ain’tは少し不良っぽい言い方になります。lot ofを意味するlottaも同様です。「お金はないけど、スタイルはもっている」といった和訳になります。「スタイルがある」とは、その人らしさが溢れていて魅力的であることを意味しています。

what what

スラングでwhat’s upと同じ意味をもつと考えるとよいでしょう。または、don’t you think?(そう思わない?)という意味と考えてもよさそうです。

electric city, baby you’re mine tonight

「電気の街」=ネオンの煌めく夜の街。ここのyouは異性を表しているというよりは、このelectric cityのことを指しているように思います。「大都会は、そう私たちのもの!」という感じでしょうか。

electric city, don’t you shine bright

don’t you …?は否定疑問文ですが、文脈によって意味が変化します。ここでは「明るく輝いていると思わない?」という意味で、相手に答えを求めている疑問文ではないように思われます。

electric city, baby you light the way

「道を照らし出して」と歌っています。やはりyouはelectric cityを指していると確信できるフレーズです。

electric city, I think that I might stay

I think …のフレーズは「私はここにずっといたいかもしれない」という意味です。居心地が良くて、ずっとここに居たいという意味合いのフレーズ。

passed out real and I woke up realer

pass outは「気を失った」、woke upは「目覚めた」の意味。realerはrealの比較級と考えると、ここは気を失う前と後とで、realからrealerに変わったということを言っているのでしょう。

me and my clique going hard and you feel us

cliqueは「(排他的な)同志、徒党」を意味する単語です。go hardはやはりスラングで「何をするにも全力でやる」という意味合い。you feel usはget it?(わかった?)と同義で、相手に同意を求める表現。

come on let me take you for a ride

take A for a rideで「Aを車で乗せていく」という意味となります。

Fifth Harmony デビューアルバム「Reflection」好きな曲ランキング

Fifth Harmonyのデビューアルバム「Reflection」の中で好きな上位3曲は?

投票結果

Loading ... Loading ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする