Fifth HarmonyのWork From Home 歌詞に隠された2つの意味

Work From Home (Fifth Harmony)

Fifth Harmony(フィフス・ハーモニー)のセカンドアルバム「7/27」に収録されているWork from Home。2016年7月8日のミュージックステーションでも来日初披露された曲です(私は見逃してしまいました…)。Mステの映像ではありませんが、Billboard Music AwardsでのWork From Homeのライブ映像はこちら。

さて、Work From Homeのこぼれ話。元々Workというタイトルだったのが、Rihanna(リアーナ)が1ヶ月先に同タイトルの曲をリリースしてしまったため、Work From Home というタイトルに急きょ変更を余儀なくされたようです。でも個人的にはこちらのタイトルが好きかも。災い転じて福となすとはこのことなのではないでしょうか。

この記事ではWork From Homeの歌詞や意味の解説と、歌詞に使われている英語表現やフレーズの解説をします。歌詞カードに付いてくる対訳はあくまでも一つの解釈です。英語の歌詞を英語で読み取って、あなただけの日本語訳や和訳をしてみてくださいね!

本サイトでは、批評・研究の目的での引用に止め、歌詞の全体像やその対訳・翻訳・和訳は、著作権や翻訳権の関係で載せていません。英語の歌詞についてはgenius.com>Work From Homeをどうぞ。

歌詞全般について

Work From Homeの歌詞には、ダブルミーニング、つまり、2通りの解釈ができるポイントがいくつもあります。内容は、公然と言うには、刺激が強い内容も含まれます(私にとっては)。

解釈の仕方によっては、果てしなく「意味深」な和訳ができますし、それとは逆にあまり踏み込んでいない清純な和訳も可能です。全訳を掲載しているサイトがネット上にはたくさんあるので、それを勝手にランキングしちゃいます!(順位は、英語を忠実に解釈しているかを基準にしています。)

  1. およげ! 対訳くん
  2. 洋楽を和訳 WAYAX
  3. 歌詞和訳なら『ウタヤク』洋楽の歌詞をただひたすら和訳するブログ

およげ! 対訳くんが、ダントツにうまい、というか文脈が伝わりやすい。とても英語が堪能で、日本語力もあり、翻訳の勉強をきちんとしている人が訳していると思われます。興味があれば、上の3つのサイトの和訳を読み比べてみてください。英語好きなら、なおさらおもしろいこと間違いなしです!

本サイトでは、以下の英語の歌詞和訳のヒントをお楽しみください。ダブルミーニングになっている部分は、できるだけあからさまにならないように書いています。

英語の歌詞と和訳のヒント

I ain’t worried ‘bout nothin’

ain’tはこの場合、am notの代用。’boutはabout、nothin’はnothingのこと。「何にも悩んではいない」という意味。

I ain’t wearin’ na-nada

nadaはnothingを意味するスペイン語からきたスラングです。「何も着ていない。」

sittin’ pretty

sittin’はsittingということはもうおわかりですね。sit prettyで「じっとしている。」

you gotta put in them hours

put in hoursで「時間を費やす。」gottaはgot toの略で、「…しなければならない」の意。themは標準的な英語の使い方ではありませんが、those(それら)を表すと考えればよいでしょう。

I’mma make it harder

I’mmaはI’m going toの短縮形。make it harderは2通りの解釈が可能。一つは「仕事を大変にさせる」、もう一つは「固くさせる。」後者は「何を」と聞かれても答えがはばかられる内容です。itが何を指しているのかわからないので、ダブルミーニングが成り立ちます。

sending pic after pictures

picはpictureの略語。A after Aで「次から次へとAを」という意味になります。

I’mma get you fired

firedも2通りの解釈が可能。一つは「クビにする」という意味で、もう片方は「燃え上がらせる」という意味。主人公は服を着ていない状態なので、その写真を仕事中の相手に送りつけると、その相手がクビになるという算段です。また、同時にその相手の気持ちも高まるという訳です。

I can’t stand …

「…が耐えられない」となります。standは「耐える」という意味があるんですね。

I don’t need no explanation

don’tとnoが一緒に使われているので二重否定で「強い肯定」の意味になるはずが、ここでは「強い否定」を表します。「説明なんていらない。」

you’re the boss at home

「家ではあなたがボス(上司)だから。」これも含みを持たせた歌詞ですね。

let my body do the work

「私の体に仕事をさせて」という意味に。かなり挑発的な歌詞。

we can work from home

「家からだって働ける。」この場合のworkとは、仕事ではなく、違う意味でのworkなのはお察しのとおり。

put it into motion

put … into motionで「…を動き出させる」という意味となります。ここもitが何を指しているのか曖昧になっているので、聞き手は想像力を働かせて妄想するポイントです。「さあ、はじめましょう」的な日本語訳になります。

I’mma give you a pormotion

promotionは「昇進すること」ですが、これが表向きの解釈だとすれば、隠された意味は何でしょう。昇進を「上向きにさせること」ととれば…。この先の文は自主規制します。

feel like a vacay

vacayはvacationのこと。「バカンスみたいな気分にさせる。」

we don’t need nobody

これも二重否定が、さらに「強い否定」になる例。「他の誰もいらない。」

nothin’ but sheets in between us

nothin’はnothing。nothing but Aで「Aだけ」という意味。「シートの間には私たちだけ。」

ain’t no getting off early

ain’tは前出。get off earlyで「仕事を早く切り上げる。」ここは「家でする仕事」を言っているため、「そんなに早く仕事を切り上げないで」とは何を意味するのか? 想像力を働かせてくださいね!

girl go to work for me

最初のgirlは、女性への呼びかけの言葉でしょうか。「俺のために働いてくれ」とは…おわかりですね?!

make it clap, no hands for me

clapは「音を鳴らす」という意味。no handsなので「手を使わないで音を鳴らす」ということ。お尻を勢いよく振る踊りをtwerkと言いますが、そのことを指しているそうです。MVの中では、Fifth Harmonyのメンバーが階段に並んで踊っている場面です。

take it to the ground

このitは何を指すのか? 先に出てきたmake it clapのitが、文脈的に「お尻」を指すのなら、ここも同じでしょうか。「それを地面にまで持ってきてくれ」となります。

pick it up for me

ここも同様でしょうか?  pick A upは「Aを拾い上げる、持ち上げる。」このitもやはり「お尻」でしょうね。「それを俺のために持ち上げてくれ。」

look back at it all over me

このitも同じ?! 「俺の方にそれを向けて振り返ってくれ。」

put in work like my timesheet

put in workで「仕事をする。」timesheetは、「タイムカード」と同義。「俺のタイムカードみたいに仕事をしてくれ。」もちろん、家での仕事。

she ride it like a ’63

ここもitがありますね。itが多用される分、リスナーは想像力が必要です。’63は「高級車」のこと。Urban Dictionaryを調べると、もっと違う意味があるので、そこはリンク先をご参照ください。ここでは書けません…!

I’mma buy her new Céline

Célineはフランスのブランド。ハンドグックで有名だとか。「彼女に新しいセリーンを買ってやるんだ。」

let her ride in a foreign with me

foreignは「外国の」を意味しますが、ここは先ほどの車とかけて、「外車」のことを指していると解釈できます。「彼女を外車にも乗せてあげるんだ。」

she the bae, I’m her boo

bae、booともに、現代語で「恋人」を指します。baeはbefore anyone else(前の誰でもない)を、booはフランス語のbeau(beautiful 美しい)を由来としているそうです。

she down to break the rule

down to …で「…を始める」的な意味。「彼女はルールを破り始める」=「彼女にはルールなんて関係ない」と私なら解釈します。

ride or die

live or dieだと「生きるか死ぬか。」ここでも同じようなレトリックで、「乗るか反るか」でしょうか。rideは車に乗ることとかけているのでしょう。

she gon’ go

gon’はgonnaやgoing toのさらに進化版。

I’m gon’ jugg

juggもスラングです。これもUrban Dictionaryの力が必要です。私が調べたところでは、「もてあそぶ」といった感じか。

she finessin’

finessin’もスラング。興味があればUrban Dictionaryを調べてみてください。ある辞書では、「巧妙に処理する」とありました。

I pipe her

pipe(パイプ)も意味深ですね。スラング用語で調べると、まさにそのことが書いてあります。ここも自主規制です。

she take that

「彼女はそれを受け入れる」とでもとればよいでしょう。

put in overtime on your body

「君の体で残業する。」最後に、かなり強烈な言葉…ですね。

曲の聴きどころ

Work From HomeはMVのイメージが強いので、MVなしに聴きどころを語れません! 1コーラス目のCamila(カミラ)、Normani(ノーマ二)。2コーラス目のAlly(アリー)、Dinah Jane(ダイナ・ジェーン)。サビはLauren(ローレン)がメインで歌っており、はっきり言ってどこも外せません! フィーチャーされているTy $のパートもいい味出してます。強いて言うなら、ところどころアドリブ的にフレーズを入れて歌っているCamilaのボーカルが一番の聴きどころではないでしょうか?

Work From Homeの元ネタ? TinasheのWatch Me Work

Fifth Harmonyの最新アルバム「7/27」で3曲も楽曲提供しているTinashe(ティナーシェ)が以前に発表したWatch Me Workという曲があります。聞いてみて驚きんのですが、その一部がWork From Homeのサビにとってもよく似ています。

Tinasheが提供しているのはThat’s My GirlThe LifeScared of Happyで、Work From Homeには関わっていないはずですが、私にはどうしてもWatch Me WorkとWork From Homeがダブってしまいます。

Work From Home vs Watch Me Work 似てる? 似てない?

Fifth HarmonyのWork From HomeとTinasheのWatch Me Workは似てる?

投票結果

Loading ... Loading ...

Fifth Harmony 2ndアルバム「7/27」好きな曲ランキング

アルバム「7/27」から好きな曲を3曲選んで投票してね!

Fifth Harmonyの2ndアルバム「7/27」の中で好きな上位3曲は?

投票結果

Loading ... Loading ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. hazuki より:

    洋楽の和訳を見るのが好きでいつもこのサイト利用してます。
    英語は好きですが分からないことの方が多いのでバカな質問していたらすいません
    Fifth HarmonyのWork From Homeの歌詞を和訳してるページにて、
    Ty $のパートのI won’t judge, の歌詞がこのサイトではなぜI’m gon’ juggになっているのか気になりました☝理由があったら教えて頂けると幸いです。

    • waterscene より:

      コメントありがとうございます。「洋楽の和訳を見るのが好き」という気持ち同感です。私は「およげ対訳くん」や「SONGTREE」さんのところはチェックしております。
      さて、ご質問ですが、ラップのところは、ネイティブでも聞き間違いがあるといいますので、どちらが正しいか、非ネイティブには判断しづらいのが正直なところです。このサイトはgeniusというサイトから歌詞をひっぱってきているので、どのソースを選ぶかによって、このようなことが起こります。あまりお役に立てなくてすみません。