Shawn Mendesのアルバム「Handwritten」全曲解説と和訳のヒント

若きエース! Shawn Mendesの1stアルバム「Handwritten」

Shawn Mendes(ショーン・メンデス)が今かなり熱い。カナダ出身のこの青年は、6秒動画投稿サイトVineに、Justin BieberやTaylor Swiftのカバー曲を投稿すると、瞬く間に視聴数が伸び、人気に火が付きました。

デビューシングル「Life Of The Party」は全米のシングルチャートBillboard Hot 100で24位を獲得、最年少記録を打ち立てました。またTIME誌には2014年の最も影響力のある10代の一人に選ばれています。

そしてEPの発売後、ファースト・アルバム「Handwritten」をリリースすると全米アルバムチャートBillboard 200で堂々の1位を獲得の快挙。その勢いは今も止まらず続いていると言っていいでしょう。これこそ、まさにアメリカンドリームの生きた証拠。これからが楽しみなアーティストの一人です。

ショーン・メンデスはEd Sheeran(エド・シーラン)に多大なる影響を受けています。アコースティックギター一本でも十分「さまに」なってしまう理由は、彼の深みのあるボーカルにあります。とても10代とは思えない大人びた歌声にはどこか説得力があり、ストレートにリスナーの心に歌詞を届けます。

アルバム全体を通して、派手なアレンジはなく、楽曲そのものが持つ魅力を堪能できる仕上がりになっています。

全曲解説・英語の歌詞、和訳のヒントなど

歌詞の解説や和訳のヒントなどは、以下のリンクからどうぞ! (全曲コンプリート予定です!)

  1. Life Of The Party
  2. Stitches
  3. Never Be Alone
  4. Kid In Love
  5. I Don’t Even Know Your Name
  6. Something Big
  7. Strings
  8. Aftertaste
  9. Air
  10. Crazy
  11. A Little Too Much
  12. This Is What It Takes
  13. Bring It Back
  14. Imagination
  15. The Weight
  16. Lost
  17. Don’t Want Your Love

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする