Fifth HarmonyのLauren Jauregui (ローレン・ジャウリギー) の魅力

Lauren Jauregui (ローレン) の魅力はsmokyさにあり

先日、2ndアルバム「7/27」を引っさげて来日し、国内でも知名度の高い音楽テレビ番組「ミュージック・ステーション (Mステ) への初出演も果たしたFifth Harmony (フィフスハーモニー)。国内でも日増しに人気が出てきているようです。

フィフスハーモニーは、リアリティーオーディション番組「X Factor」から誕生したガールズ・グループ。つまり、今活動休止中のOne Direction (ワンダイレクション) と同じオーディション番組から誕生したんです。

オーディションではもともとそれぞれソロアーティストとしてのデビューを目指して出ていましたが、サイモン・コーウェルの一声でグループとして活動することになりました。グループ名も最初からFifth Harmonyだったわけではなく、LYLAS (Love You Like A Sister)、1432 (I Love You Tooの意味)という名前で活動していたこともあったようです。

さて、Fifth Harmonyの魅力は何か? と問われれば、メンバーそれぞれが魅力的なボーカリストであるということ。もうこれしかありません! 誰がいちばん上手いか? というのは野暮な質問というもの。本当にそれぞれがそれぞれの持ち味があり、比較なんてできないのです。

さて、ここからがこの記事の本題。先ほどの質問…誰がいちばん上手いのか? 個人的な趣向レベルで答えていいのなら、私の答えは決まっています。Lauren Jauregui (ローレン・ジャウリギー)です…彼女の名字読めません。それはさておき…ローレンの魅力的は、ハスキーボイス (英語ではsmokyというみたいです。こっちの方が雰囲気のある言い方かも!)。声を張った時の、かすれ具合がたまりません。まだ20歳とは思えないと同時に、これからの成長がとても楽しみです。

ローレンのボーカルを特に楽しむことができる動画を5つ集めてみました。日本ではCamila Cabello (カミラ・カベロ)が人気みたいで、それはそれで認めますが、私のイチ押しはローレンです。ローレンの魅力にまだ気づいていない人は、ぜひこの機会にどうぞ。新しいフィフスハーモニーが見えるかもしれませんよ!

Lauren Jauregui (ローレン・ジャウリギー) ベストボーカル5曲

  1. BO$$ (Billboard Studio Sessionより)
  2. We Know (Billboard Studio Sessionより)
  3. Work From Home (BBC Radio 1 Live Loungeより)
  4.  Write On Me (7/27ツアー、チリ公演より)
  5.  If I Ain’t Got You (X Factorオーディションより)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする