One DirectionのPerfect 「噂の彼女」がちらつく歌詞とコード進行

Perfect (One Direction)

One Direction(ワン・ダイレクション)の人気者Harry Styles(ハリー・スタイルズ)が付き合っていたTaylor Swift(テイラー・スウィフト)に向けて書いたとされる歌です。コード進行や曲の構成が、テイラーのヒット曲Styleにそっくりだとか。MVでは、歌詞に出てくるように、ホテルの中で騒ぐ1Dのメンバーを観ることができます。ホテルの中でサッカーとは、football発祥地だから許されるのでしょうか?!

この記事ではPerfectの歌詞や意味の解説と、歌詞に使われている英語表現やフレーズの解説をします。歌詞カードに付いてくる対訳はあくまでも一つの解釈です。英語の歌詞を英語で読み取って、あなただけの日本語訳や和訳をしてみてくださいね!

本サイトでは、批評・研究の目的での引用に留め、歌詞の全体像やその対訳・翻訳・和訳は、著作権や翻訳権の関係で載せていません。英語の歌詞についてはgenius.com>Perfectをどうぞ。

歌詞全般について

歌詞には等身大の1Dが描かれています。大スターになり私生活も何もなくなってしまった彼らの生活が如実に描写されています。ツアーで各地を周り、ホテルに缶詰状態、少しでも外に出ればカメラを向けられるような生活。そんな自分たちとでもOKなら、付き合ってくれよという軽いノリが感じられます。ある意味、そのノリは、彼らの状況を皮肉を込めて歌っているようにも思えます。カラッとしたサウンドが、前向きなイメージを演出し、彼らのもつ爽やかさを全面に押し出しているので、そんなことは微塵も感じさせませんが…。

英語の歌詞と和訳のヒント

I might never be your knight in shining armor

I might never be …で「僕は決して…でないかもしれない」というフレーズ。ここでは「輝く鎧に身を包んだ騎士ではないかもしれない」という意味。

I might never be the one you take home to mother

ここは「母親のいる家に連れていくことができる一人」でないかもしれないの意味。恋人として母親に紹介できるような男ではないということ。

I might never be the one who brings you flowers

そして「君に花を持っていくような一人」でもないということ。そんな柄ではないということでしょう。

but I can be the one tonight

「でも今夜は、たった一人になれる」と最後に歌っています。「今夜は」と限って言っているところが憎いです。

when I first saw you from across the room

最初に彼女を見たときのことを描写しています。from across the roomで「部屋の向かい側から」という意味。

I could tell that you were curious

このcouldは「かもしれない」という含みがあります。控えめな言い方です。curiousは「好奇心旺盛な」というのが原義。初めて会った時、相手が色々なものや人に興味がありそうな印象だったのでしょう。

I hope you’re sure what you’re looking for

だから「君が探しているもの何であるかを確信しているといいな」と歌っています。相手のことを気遣っているセリフと受け取ることもできます。

cause I’m not goot at making promises

cause = becuase。「僕は約束をするのが得意ではないから」という意味。何でも詮索好きな相手を気遣いながらも、自分に対して注意を向けているフレーズ?

if you like causing trouble up in hotel rooms

if you like …で「もし…が好きだったら」と訳すのは説明するまでもないでしょう。「ホテルの部屋でトラブルを起こすのが好きだったら」という意味。1Dのメンバーがホテルで騒ぐ映像はMVで観れます。

if you like having secret little rendezvous

「もし秘密の小さなランデブーが好きだったら。」rendesvousは「会う約束」のこと。secret little rendezvousは「密会」とでも訳しておきましょう。

if you like to do the things you know that we shouldn’t do

the things you know that we shouldn’t doは、「僕たちがすべきでないと君が知っていること」という意味。危険でありながらも敢えてそれをするというスリルを味わいたいならという意味となります。

then I’m perfect for you

上記3点がOKだったら、「僕は君にとってぴったりの人間だ」と歌っているわけです。

if you like midnight driving with the windows down

if you like …のフレーズ第2弾。「窓を下ろして真夜中にドライブすること。」

if you’re going places we can’t even pronounce

places we can’t even pronounceは「発音さえもできないような場所」と和訳できますが、その場所の名前(地名)が読めないような場所ということです。

if you like to do whatever you’ve been dreaming about

whateverは「何でも」と訳します。「君が夢見てきたようなことをしたいなら」という意味です。

so let’s start right now

このsoは「それなら」という意味でとるのが最適でしょう。right nowは「今すぐに」の意。

I might never be the hands you put your heart in

the hands (that) you put your heart in。省略されているthatは関係代名詞。直訳すると「君が心を置くことができる手」です。つまり「心を許せるような存在」ということを言っているのでしょう。

or the arms that hold you amytime you want them

最後のthemはarmsを指しています。「欲しいときにはいつでも君を抱きしめることができる腕」という意味。上のフレーズと同様、「僕は…のような手にもなれないし、…のような腕にもなれない」と歌っていますが、もちろん手や腕になるのではなく、相手を守ることができる存在になることは難しいと言っています。

but that don’t mean that we can’t live here in the moment

「でもそれは、僕たちが今この瞬間にここに生きることができないということは意味しない」ということ。「今ここに生きる」は、ここでは「楽しむ」を意味しているでしょう。

cause I can be the one you love from time to time

from time to timeは「時々」という意味。「僕は時々愛せるような一人になることもできる」とは、ちょっと無責任な発言にも聞こえますが…。

if you like cameras flashing every time we go out

every time …で「…する度に」という意味。「外に出るたびにカメラがフラッシュをたく」ことが好きなら、ということ。有名人にはありがちな、パパラッチに追われるような生活がイメージできます。

if you’re looking for someone to write your breakup songs about

look for Aで「Aを探す」という意味。your breakup songsで「君の失恋の歌」のこと。「君の失恋の歌を書いてくれる誰かを探しているなら」、僕はぴったりさと歌っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする