ミスチルの名曲は英語でも名曲 「終わりなき旅」

Mr. Children (ミスター・チルドレン、通称ミスチル)と言えば、今や日本の音楽を語るに欠かせないバンド、いや存在です。ちょうどミスチル世代の私ですが、私より若い世代の人からも愛されているアーティストでもあります。

彼らの音楽のすばらしさは、そのメロディーもさることながら、やはり歌詞にあります。メロディーあっての歌詞、歌詞あってのメロディーなので、どちらが一方がということは一概に言えませんが、とにかく作詞を手掛ける櫻井和寿の歌詞は、私たちの心深くに響きます。それは私たちがその言葉一つひとつに共感できるからでしょう。

今回取り上げたのは、多くのミスチルファンが「いちばん好きな曲」と口を揃えて言う(?)「終わりなき旅」の英語バージョンです。歌っているのは渡辺レベッカさんで、生まれも育ちもアメリカだそうです。

ミスチルの音楽は英語になっても、その力は衰えません。不朽の名曲は他言語になっても名曲に変わりはないのです!

「終わりなき旅」の歌詞と、渡辺レベッカさんによる英詞を引用して載せます。どんな風に翻訳しているかも含めてお楽しみください。

Mr. Children English FansiteのEndless Journeyも併せて読むとおもしろいかも。

息を切らしてさ 駆け抜けた道を 振り返りはしないのさ
Never looking back again
Down the road I’ve been running
Ran ‘til I could hardly breathe
ただ未来だけを見据えながら 放つ願い
I’ve got my eyes set on the future I can see
I set my dreams free

カンナみたいにね 命を削ってさ 情熱を灯しては
So hard to light a fire inside
It’s chiseling away my life
Like a sharpened grating knife
また光と影を連れて 進むんだ
But I will drag along the shadows with the light
And carry on

the shadows with the light (光と影)に、drag(「引きずっていく」)という動詞を使ったのは良いですね。

大きな声で 声をからして 愛されたいと歌っているんだよ
And so I sing out, ‘til my voice rings out
That I only want someone to hold me dear
「ガキじゃあるまいし」自分に言い聞かすけど また答え探してしまう
And I say to myself, don’t be a child anymore
But I keep looking for answers here

閉ざされたドアの向こうに 新しい何かが待っていて
On the other side of every unturned key
There is something brand new waiting just for me
きっと きっとって 僕を動かしてる
I know, I know that’s what keeps me moving on and on
いいことばかりでは無いさ でも次の扉をノックしたい
Life’s never perfect, full of ups and downs
But nothing’s stopping me from trying the next door down
もっと大きなはずの自分を探す 終わりなき旅
I will keep searching, I know there’s more to myself
The journey never ends

誰と話しても 誰かと過ごしても 寂しさは募るけど
Even when I find a friend
Or someone with an ear to lend
The loneliness is calling out
どこかに自分を必要としてる人がいる
But there is someone out there who couldn’t live without
Me by their side

憂鬱な恋に 胸が痛んで 愛されたいと泣いていたんだろう
And though your heart’s been torn all apart and
You cry for someone to love the pain away
心配ないぜ 時は無情な程に 全てを洗い流してくれる
You needn’t worry, ‘cause time will callously erase
Everything you ever felt someday

難しく考え出すと 結局全てが嫌になって
If you think until you cave under the strain
You’ll start to get so fed up with everything
そっとそっと 逃げ出したくなるけど
Until you just want to quietly escape it all
高ければ高い壁の方が 登った時気持ちいいもんな
But the higher that the wall is in front of you
All the better you will feel once you’ve made it through
まだ限界だなんて認めちゃいないさ
I’m not ready to give up, I haven’t reached my limit yet

「高ければ高い壁の方が…」のとこの英訳もキマッてます! “I’m not ready to give up” (「あきらめる準備なんかできてない」)も良いですね。

時代は混乱し続け その代償を探す
The times just keep on getting more complicated
And we seek the price we’ll pay
人はつじつまを合わす様に 型にはまってく
So people try to reconcile
Try to fit into the role they think they ought to play
誰の真似もすんな 君は君でいい
Never stoop to imitation, ‘cause of you there’s only one
生きる為のレシピなんてない ないさ
You won’t ever find a recipe for life, there is none

息を切らしてさ 駆け抜けた道を 振り返りはしないのさ
Never looking back again
Down the road I’ve been running
Ran ‘til I could hardly breathe
ただ未来へと夢を乗せて
I see the path my dreams will take in front of me

閉ざされたドアの向こうに 新しい何かが待っていて
On the other side of every unturned key
There is something brand new waiting, just you see
きっときっとって 君を動かしてる
You know, just knowing that will keep you moving on and on
いいことばかりでは無いさ でも次の扉をノックしよう
Life’s never perfect, full of ups and downs
But nothing’s stopping you from trying the next door down
もっと素晴らしいはずの自分を探して
Keep on, keep searching ‘cause there’s a better you out there

胸に抱え込んだ迷いが プラスの力に変わるように
We can take the hesitation in our hearts
Make it positive and turn it into a new start
いつも今日だって僕らは動いてる
Always, as long as we just keep moving on and on
嫌な事ばかりではないさ さあ次の扉をノックしよう
もっと大きなはずの自分を探す 終わりなき旅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. フラジャイル より:

    ブルーノマーズ chunky
    でMr.Childrenがよく使いそうなフレーズって言葉がでてきてミスチル好きだなと思って遡ってみたらやはり記事がありました笑