Shawn MendesのAir 「空気」というタイトルが意味するのは何?

Air (Shawn Mendes)

Shawn Mendes(ショーン・メンデス)のアルバム「Handwritten」に収録されている、ノルウェー出身のシンガーソングライターAstrid Sとのデュエット曲。デュエットと言えば、Fifth Harmony(フィフス・ハーモニー)のCamila Cabello(カミラ・カベロ)とのI Know What You Did Last Summerの方が有名かもしれませんが、こちらはこちらで落ち着きがあり、アコースティックな響きが心地いい楽曲です。

この記事ではAirの歌詞や意味の解説と、歌詞に使われている英語表現やフレーズの解説をします。歌詞カードに付いてくる対訳はあくまでも一つの解釈です。英語の歌詞を英語で読み取って、あなただけの日本語訳や和訳をしてみてくださいね!

本サイトでは、批評・研究の目的での引用に留め、歌詞の全体像やその対訳・翻訳・和訳は、著作権や翻訳権の関係で載せていません。英語の歌詞についてはgenius.com>Airをどうぞ。

歌詞全般について

恋愛において、片方がもう片方を束縛したり、無理だと思いながらも妥協して付き合い続けたたりすることは、往々にしてあることです。この曲は、そんな関係に陥った片割れが、もう限界であると、相手に見切りをつけようとしている歌詞になっています。「水中にいるとくるしいから、水上に上がっていく」という比喩がおもしろいです。airというタイトルは「空気」を求めて浮上することを意味していたんですね。

英語の歌詞と和訳のヒント

never thought that …

主語のIが省略されています。「…ということを考えていなかった」と和訳できます。

we would end up here

end upは「最終的に…になる」という意味。「僕たちがこんなことになるだろうなんてこと」となります。

shoulda known it from the start

shoulda = should have。should have knownで「…を知っておくべきだった」という後悔の念を表します。「初めから知っておくべきだった」と訳せます。

I know you mean it

mean itは慣用的に「本気で言う」と意味をとります。この後ろに続く歌詞と一緒に考えると、「君が愛してると言った時、本気で言っているのはわかってる」となります。

we’re trying way too hard

way tooは主にアメリカ式で「ものすごく」という意味で使われます。「僕らはすごく一生懸命にがんばっている」が直訳です。

used to think that we would last forever

used to …で「以前は…していた」の意味。ここも主語のIが省略されています。「以前は僕たちが永遠に続くと思っていた」となります。

how could I have been so wrong?

how could …?で「どうしたら…できたのだろう?」という意味になります。ここでは「どうしたらこんなにも間違うことができたのだろう?」と自問している形になります。

never thought I’d be the one to say this

主語のIが省略されています。I’d = I would。「こんなことを言う1人になるだろうとは思わなかった」という意味になります。「こんなこと」とは次の歌詞の内容を指しています。

what if our time has come and gone

ここの歌詞が「こんなこと」の内容を指しています。what ifで「もし…したらどうなるだろうか?」という疑問文。come and goは通常「(痛みなどが)しばらく続いてなくなる」という意味にです。ここの英文は「僕らの時間がしばらく続いてなくなってしまったら」ということでしょう。

you don’t mean no harm

meanは「…するつもり」の意。「君は危害を加えるつもりはない」という意味。

you’re stringing me along

string A alongで「同情するふりをして長い間Aをだます」という意味に。「君はずっと僕をだましてきたんだ」と和訳できます。

I don’t have the time to spare

the time to spareで「割くための時間」という意味。「僕にはそんな時間はないんだ」となります。

I’m tryna hard to breathe

tryna = trying to。「僕は一生懸命に息をしようとしている。」

you’re suffocating me

suffocateは「窒息させる」という意味。息をしようとしている主人公を、相手が苦しめているということ。

this time I’m coming up for air

this timeは「今回は。」進行形は「…するつもり」という近い未来を表すことができるので、ここでは「空気を求めて上に上がっていくつもりだ」となります。水中に沈んでいる状態から、空気を吸うために上に上がっていくイメージですね。

always tryna put your two cents in

you always tryna …と主語のyouを補います。put one’s two cents inは、アメリカ式で「求められてもいないのに口出しする」という意味です。「君はいつも口出ししてくる」と相手を非難している言い方です。

expecting me to change

「僕に変わることを期待しながら。」文頭のing形は分詞構文で「…しながら」と意味をとります。

tried to fix me up

you tried to …。直訳すると「君は僕を修理しようとした」となり、次に続く歌詞(but I’m not broken)につながります。

all you do is leave me stained

all you do「君がすることのすべて」=「君がすることは…だけ」の意。leave A …で「Aを…の状態にする。」「君は僕を錆びつかせただけだった」という意味になります。

told you not to tie me down too quickly

I told you …。「君には…と言ったろう」と、ここも相手を非難するような言い方になっています。tie A downで「Aを縛り付ける」という意味。「こんなにもすぐに僕を縛り付けるなと言ったろう」と和訳できます。恋愛ではよくありがちな、束縛ということでしょうか?

take it slow

「ゆっくりやれよ」と和訳できるでしょう。

you keep on tryna reel me in

keep on …で「…し続ける」の意。reel A inで「Aを釣り上げる。」釣りで使うreel(リール)の動詞形です。「君は僕を釣り上げようとした。」前に出てきた束縛のことと同じ意味合いでしょう。

all I really need is space

all I really needで「僕が本当に必要とするすべては」の意。spaceはこの場合「距離」とでも訳せばよいでしょう。本当に必要なのは距離を置くことなんだ、ということ。

I’m surfacing

surfaceは「ダイバーなどが水中にから浮上する」という意味。surfaceは「表面」という名詞としての用法の方がメジャーですが、こんな使い方もできるんですね。

it’s hard to let you go but I gotta leave

it’s hard to …で「…することは辛い。」let A …で「自由に…させる。」gotta = got toで「…しなければならない」という意味。「君を行かせる(君と別れる)のは辛いけど、僕は行かなければならない」と和訳できます。

Shawn Mendesのデビューアルバム「Handwritten」好きな曲ランキング

Shawn Mendes(ショーン・メンデス)のデビューアルバム「Handwritten」で好きな上位3曲は?

投票結果

Loading ... Loading ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする