ShawnとCamilaの奇跡のコラボ曲 I Know What You Did Last Summer

I Know What You Did Last Summer (Shawn Mendes ft. Camila Cabello)

つい昨日、最近公開されたMGK(Machine Gun Kelly)とFifth Harmony(フィフス・ハーモニー)のCamila Cabello(カミラ・カベロ)のコラボ曲Bad Thingsを紹介したばかりですが、ふとIKWYDLS(I Know What You Did Last Summer)を取り上げていないことに気づき、記事にしてみました。こちらはShawn Mendes(ショーン・メンデス)とCamilaのコラボで、私にとっては、Shawn MednesとFifth Harmonyを初めて知ることになった曲なので、思入れ深い曲です。

この記事ではI Know What You Did Last Summerの歌詞や意味の解説と、歌詞に使われている英語表現やフレーズの解説をします。歌詞カードに付いてくる対訳はあくまでも一つの解釈です。英語の歌詞を英語で読み取って、あなただけの日本語訳や和訳をしてみてくださいね!

本サイトでは、批評・研究の目的での引用に留め、歌詞の全体像やその対訳・翻訳・和訳は、著作権や翻訳権の関係で載せていません。英語の歌詞についてはgenius.com>I Know What You Did Last Summerをどうぞ。

歌詞全般について

ここ最近、不倫(主に男性側からの)が話題になっていますが、この曲は女性側のそれがテーマになっています。この女性は後悔しているようですが、時すでに遅し、男性の気持ちは離れていくばかりです。女性が言い訳をすればする程、男性はより冷めていく(覚めていく)かのようです。男女ともI knowというフレーズを発していますが、女性側のそれと男性側のそれは、異なる意味合いを持っています。女性は「あなたの気持ちはわかる」と言っているのに対して、男性は「お前の嘘を知っている(握っている)ぞ」と言っているのではないでしょうか。

英語の歌詞と和訳のヒント

he knows dirty secrets that I keep

dirty secretsとは「薄汚い嘘」のこと。彼の方は、女の秘密を知っていると察知していると、女性は思っているようです。

does he know it’s killing me?

kill meはこの場合、「死ぬほどの思いにさせる」という意味合い。「彼は私が気が変になりそうだってことを知ってるだろうか?」という感じに和訳できます。

d-d-does he know another hands have touched my skin?

d-d-doesのところはShawn Mendes流の歌い方。歌詞の内容はというと、「他の手が私の肌に触れた」とは、何とも生々しい表現ですね。

I won’t tell him where I’ve been

won’t …は「どうしても…しない」の意。where I’ve beenで「私が今までどこにいたか」という現在完了の意味。

it’s tearing me apart

tear A apartで「Aの心を引き裂く」という意味です。確証はないにせよ、浮気という事実を突きつけられれば、身を引き裂かれる思いになるのは当然です。

she’s slipping away (I’m slipping away)

slip awayで「気づかれないようにそっと立ち去る」という意味。男性側は「彼女が離れていく」と歌い、女性側は「私は離れていく」と歌っています。

am I just hanging on to all the words she used to say?

hang on to …で「…にすがりつく」という意味。used to …で「以前は…した」という意味。男の方は、お互いに愛し合っていた昔に彼女が言っていた言葉にすがりついている自分を客観視しようとしています。

the pictures on the phone

携帯電話の中の写真。映像として残すものは、良い思い出になる一方で、未練を残す原因にもなり得ます。浮気されているかもしれないという疑念を持ちながらも、携帯に残された写真を見返しては、彼女を信じたいと思う彼の姿が目に浮かびます。

she’s not coming home

「彼女は家に帰ってこない」と和訳できます。homeとは「僕のところ」ということでしょう。

just lied to me, “there’s no other”

she just lied to meと主語を補えば良いと思います。「他(の男)はいない」と、彼女は嘘をついたわけですね。

tell me where you’ve been

男のセリフ。「テールミィー、ウェーユービーン」とtell meを強調して歌っていることからも、「どこに行ってたのか教えろよ」的な意味でとらえれば良いでしょう。

look me in the eyes, my lover

ここも同様。「目を見て話せよ」と、恋人に詰め寄っています。目は口ほどに物を言うと昔から言いますが、目を見れば、その人の心情が読み取れるものです。

I didn’t mean it, no

mean itで「本気である」という慣用表現。「私にはその気はなかった」という弁解のセリフです。

can’t seeme to let you go, can’t seem to hold you close

let A goで「Aから手を離す」、それに対してhold A closeで「Aを近くに抱き寄せる」という意味です。ここの歌詞は「別れられもしないし、抱き寄せることもできない」ということ。男性側の心の葛藤が感じられます。

when she looks me in the eyes, they don’t seem as bright no more

実際に目を覗き込んだなら、そこには昔のような輝きはなかったということ。

I know that she loved me at one time

at one timeは「かつては」という意味。

would I promise her that night, cross my heart and hope to die

would I …?で、「前は…していたじゃないか?」という自問。cross one’s heart (and hope to die)という英語表現は、胸に十字を切りながら「誓って言う」という意味です。子どもがよく使う表現。

tell me where you’ve been lately

latelyは「最近」という意味。最近どこに行っていたんだという詰問。

just hold me close

「抱き寄せて」という女性のセリフ。

don’t let me go

これも同じく女性のセリフで「私を離さないで」という意味。

I didn’t mean it, though

thoughは「…だけど」という意味。前言の内容を弱める働きをしています。「でも本気じゃなかった」という女性の苦し紛れの発言と考えられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする