Uptown Funkのおすすめ和訳・日本語訳 + Fifth Harmonyによるカバー

Uptown Funkと言えば、Youtubeでの再生回数が17億を突破(2016年7月現在)するモンスターMVです。オリジナル曲は、イギリスのプロデューサーMark Ronsonが、ハワイ出身のシンガーBruno Marsを迎え入れ実現。聞けば誰でもリズムを取りたくなる楽曲に仕上がっています(私は気合を入れたい時に、この曲のビートに合わせながら歩きます!)。

歌詞もいろいろ手が込んでいて、うまく作られているなという感じがします。いろいろな方が和訳・日本語訳をしているので、その中からステキな和訳をしているサイトをご紹介します。

  • およげ! 対訳くん
    さすが洋楽和訳の老舗。ニュアンスが伝わるように解釈を加えて和訳しており、すばらしい。
  • 洋楽 Caffe
  • ききあるき
    歌詞中のwhite goldのところを独自に解釈しています。
  • SONGTREE
    雰囲気が伝わる日本語訳です。Break it downを「さあ、お静かに」と訳しています。ライブでは、ブレイク(静かになるところ)に入る前に、こう叫ぶらしいので、他サイトと訳が異なりますが、この和訳も正しいと思われます。
  • 洋楽は解説聞けば好きになる
    解説を読めば、手の込んだ歌詞というのがよくわかります。

MarkRonsonVevo(本家のYouTubeアカウント)では、日本語訳の入った動画を公開しています。これが公式和訳?

さて、オリジナルももちろんいいんですが、今人気急上昇のFifth Harmony (フィフス・ハーモニー) が、Uptown Funkをカバーしているのはご存知でしょうか? 彼女たちの1stアルバム「Reflection」を引っ提げた同タイトルツアー中に公開されています。Fifth Harmonyのメンバーもノリノリです(特にDinah Jane)!

動画の最後の方に、3名のシンガーが出てきますが、彼らの名前はそれぞれJacob Whitesides、Mahogany Lox、Jasmine V。Fifth HarmonyのReflectionツアーでも、前座を務めています。

彼らのことをMagcon (Meet and Greet Conversationの略だそう)と言い、YouTubeやVevo等の動画アップロードサイトから人気が出たアーティストを指すのだそうです。日本で言えば「会える芸能人」(?)みたいなものでしょうか? 私の好きなShawn Mendes (ショーン・メンデス)もMagconファミリーに入るようです。

時代とともに「売れ方」も変わるんですね。無名の素人が一夜のうちに世界規模で有名になっていく現象はまさにクレイジーとしか言いようがありません。