Zara LarssonのLush Life スウェーデンの新風ザラ・ラーソン

Lush Life (Zara Larsson)

Zara Larsson(ザラ・ラーソン)は、まだ10代後半のスウェーデン・出身のシンガー。彼女のほとばしるようなエネルギーは、MVの中で踊り続けるその姿からも伺えます。まさに、スウェーデンからの新風ということができるアーティストです。タイトルに使われているlushは「植物が青々と茂った」という意味があります。人生の青々しい時期の真っ只中にいるZara Larssonの新しい風をぜひ感じてください。

この記事ではLush Lifeの歌詞や意味の解説と、歌詞に使われている英語表現やフレーズの解説をします。歌詞カードに付いてくる対訳はあくまでも一つの解釈です。英語の歌詞を英語で読み取って、あなただけの日本語訳や和訳をしてみてくださいね!

本サイトでは、批評・研究の目的での引用に留め、歌詞の全体像やその対訳・翻訳・和訳は、著作権や翻訳権の関係で載せていません。英語の歌詞についてはgenius.com>Lush Lifeをどうぞ。

歌詞全般について

一言で言えば「今を生きる」ことの大切さを歌っています。carpe diemというラテン語がありますが、これは「一日を摘め」=「今日という日の花を摘め」とされ、一日一日を大切に生きることの大切さを意味します。この格言のごとく、歌詞の主人公が今選んでいる生き方は、過去を引きずらず、この瞬間に生きるという生き方。手錠をはめられたような生き方なんてしたくない、というような歌詞も出てきます。MVの中で踊り続けるZara Larssonのように、歌詞の主人公も、夏夜を朝まで踊り続けます。踊り続けることが、主人公のみなぎった生命力を感じさせます。

英語の歌詞と和訳のヒント

I live my day as if it was the last

as ifで「まるで…であるかのように」という意味に。仮定法過去が使われており、過去形のwasになっています。the lastはthe last (day)ととり、「最後の日であるかのように、私は生きる」と和訳します。

as if there was no past

pastは「過去。」「まるで過去がないかのように」という意味。

doin’ it all night, all summer

直訳すると、「それを夜通し、夏の間じゅうやっている。」

I’mma dance my heart out

I’mma = I’m going to。dance my heart outで「胸が張りさけるほど踊り通す」ということ。cry one’s heart out(胸が張り裂けそうなほど泣く)という英語表現からきています。

I won’t be down when morning comes

downが訳しづらいですが、「朝が来た時も私はdownしてはいないだろう」という直訳から、意訳するとよいでしょう。

gonna spend it like no other

gonna = going to。likeは「…のような」の意味。like no otherで「他の何とも似ていないもののように。」otherの後ろに省略されている単語によって意味が変わります。意訳すれば「他の誰とも似ていないような時間の過ごし方をする」となります。

it was a crush

crushは「一時的に恋に夢中になっている状態」のこと。「一時的に」というのがポイント。

I kept saying I’mma stay in touch

keep doingで「…を続ける。」stay in touch「ずっと連絡を取り続ける」という意味。意訳すると「ずっと一緒にいたいって言っていた」となります。

that thing went bust

that thingで「あのこと」、went bustは直訳すると「爆発した。」前にした恋ははじけ飛んで終わってしまったということ。

no tricks, no bluff

trickもbluffも「騙し」を意味する単語です。ここでは、「嘘なんかじゃないけど…」という意味です。

I’m just better off without them cuffs

better offは「豊かである、もっと良い」という意味のイディオム。well ofとも。them = those。cuffsは「手錠」のこと。直訳は「あんな手錠なんてない方がよっぽどよい」となります。cuffsはおそらく恋人(に束縛されること)を例えているのでしょうね。

the sun won’t set on us

「太陽は私たちには沈まない。」朝まで踊り続けるというラインが上にあったように、歌詞の主人公はいつまでも踊り続けるのです。

went low, went high

「低いところに行ったり、高いところに行ったり」と直訳可能です。人生の山や谷を経験したということでしょう。

still waters run dry

stillは「じっとした」という意味。とどまっている水は干上がってしまうということ。

gotta get back in the groove

gottaは「…しなければならない」の意。in the grooveは「快調の」という対訳が可能。grooveはジャズなどの音楽でも使われ、演奏が乗りに乗っている状態を指します。「あの流れに戻らなきゃ」とでも訳せばよいでしょう。

I ain’t ever worry

ain’tはこの場合、don’tと同じ意味。「私はもう悩んだりしない。」

what matters is now

what mattersで「重要なこと」と和訳します。「大切なのは今」ということ。

getting right back in the mood

gotta get back in the grooveとほぼ同じ意味。moodは「気持ち」という意味。

now I’ve found another crush

I’ve = I have。「今私は他のcrushを見つけた。」新しい心ときめく人が現れた、ということ。

the lush life’s given me a rush

lushは「青々と茂った」という意味。rushは「急ぐこと。」意訳すると「瑞々しい生き方が、私を急かせている」となります。充実した人生ということができるでしょう。

had one chance to make me blush

blushは「顔を赤らめる」という意味。「私の顔を赤らめさせるチャンスは一度だけ」=「私を落としたいならチャンスは一度」となります。

second time is one too late

「二度目は遅いものになる」が直訳。前文の歌詞とつながっています。

ライブでも聴きごたえのあるZara Larssonのボーカル

ライブになるとボーカルが頼りない響きに聞こえてしまうアーティストもいれば、スタジオ・バージョンよりもはるかに上手く聞こえるアーティストもいます。Zara Larssonは後者に当てはまるアーティストでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする