Beautiful (Bazzi ft. Camila Cabello) カミラの天使の歌声

Beautiful (Remix) (Bazzi ft. Camila Cabello)

もともとはBazziの第4弾シングル。BazziがCamila Cabelloの「Never Be The Same」ツアーのオープニングを務めるなど交流があってコラボに至ったようです。Remixにあたり、Camilaが歌うパートが追加され、PVも二人が出演するバージョンで新たに作られています。

この記事ではBeautiful (Remix)の歌詞や意味の解説と、歌詞に使われている英語表現やフレーズの解説をします。歌詞カードに付いてくる対訳はあくまでも一つの解釈です。英語の歌詞を英語で読み取って、あなただけの日本語訳や和訳をしてみてくださいね!

本サイトでは、批評・研究の目的での引用に留め、歌詞の全体像やその対訳・翻訳・和訳は、著作権や翻訳権の関係で載せていません。英語の歌詞についてはgenius.com>Beautiful (Remix)をどうぞ。

歌詞全般について

お互いを認め合っている二人のラブソング。ただし、歌詞中 I just had to let you know.(君に伝えたかった)と過去形になっているのが気になります。現在形で「君に知っておいてほしい」でなく、あえて過去形にして「君に知ってほしかった」とすることでニュアンスが変わってきませんか?

英語の歌詞と和訳のヒント

love your imperfections, every angle

imperfectionは「完璧でない」こと。every angleは「どんな角度からでも」

tomrrow comes and goes

come and goは「行ったり来たりする」=「現れてはすぐ消える、つかの間である」

before you know

「あなたが知る前に」=「知らないうちに」

I just had to let you know

「ただ君に知らせたかったんだ」

the way that Gucci look on you, amazing

the way + SVで「Sが~する仕方」
「君が身に着けるGucciの見え方がすばらしい」=「Gucciを着た君は最高」

nothing can compare to when you’re naked

nothingが主語になると「何ものも~ない」という否定文になる。
「何ものも比較できない、君が裸でいる時と」=「一糸まとわぬ君ほど素敵なものはない」

now a Backwood and some Henny got you faded

Backwoodはタバコの一種。HennyはHennessyのスラングでアルコールで、アルコール度数40の強いお酒です。
got you fadedは「君を薄れさせる」ですが、ここでは「酔わせる」という意味のようです。「意識を遠のかせる」と考えるとよいかも。

saying you’re the one for me

sayingは「~と言いながら」
タバコやお酒をやりながら、you’re the one for meと言っているということ?

I need to face it

faceは「直面する」
「それに直面する必要がある」=「愛の言葉を言ってくれる彼女に向き合わなければいけない」と思っている。

started when we were younger

二人は若い頃からの付き合い。

swear to God that I loved her

彼女に愛を誓った。

sorry that your mom found out (about us)

about usは注釈です。「母親が(僕たちのことを)見つけたことが、残念(または申し訳ない)」
sorryは「残念だ」「申し訳ない」の意味があります。

guess that we just really had the thunder

thunder(雷)をどうとらえるかによって意味が変わります。
「母親に雷のように怒られた」もしくは「雷のように激しい恋をした」のどちらかだと思います。

ain’t nobody else that I’d be under

ain’t nobody elseで「他に誰も~ない」
文字通り訳すと、「僕が下にいたいと思える人は他に誰もいない」

Oh my God, where did the time go?

ここからCamilaのセリフ。

I wish the hours would go slow

願望を表す文。「時間がゆっくりと進めばいいのに」

how is it 6 AM

「朝の6時ってどんな感じ?」

your touch is heaven-sent

touchは「手触り、肌触り」という意味。
「あなたの肌触りは、天からの贈り物」

got the angels singing right now like ooh-ah

「天使がたった今歌っているかのよう」
likeは「~のように」
「ooh-ahのように」=「言葉にならない」ということを言いたいのかな?

this is why we’ve got to touch

this is whyで「これが~の理由」
「これが私たちが触れ合わなければならない理由」

sometimes words are not enough

「時に言葉は十分ではない」

painted in your golden kiss, honey dripping from your lips

paintedは「色付けされて」の意。
「あなたの金色のキスと、唇から零れ落ちる蜜に彩られて」

I thank God and my lucky stars

thank my lucky starsで「幸運な自分に感謝する」

don’t you know who you are?

「あなたは自分が誰だかわかっていないの?」
これはおそらく、「あなたはどんなに自分が素晴らしいかわかっていないの?」という意味合いだと思います。

yeah, baby you are (beautiful)

baby you areで終わっていますが、サビのbeautifulにつながると考えるのが普通でしょう。

曲の聴きどころ

Camila Cabelloのハスキーな高音ボーカルが聴きどころと思います。まさに天使の歌声じゃないでょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする