Let It Be (The Beatles) 歌詞和訳ポイント

この記事では、ビートルズのLet It Beの歌詞を和訳する際のポイントを解説しています。英語の初級者レベルの方向けの記事です。

著作権や翻訳権の関係で、歌詞やその対訳をそのまま掲載していません。歌詞をご覧になりたい方は、ググって探してくださいね。

Let It Be (The Beatles) 歌詞和訳ポイント

find myselfの自然な訳し方

find oneselfは直訳すると「自分自身を見つける」です。そこから意味が転じて、「ふと気づく」のように訳すのが適切です。

「困難な状況にいるのにふと気づくと」(when I find myself in times of trouble)、母親のメアリーがやって来る。メアリーは、ポール・マッカートニーが幼い頃に亡くした母メアリーを指していると言われています。

speakingは「~しながら」

ing形は動名詞と捉えて「~すること」という和訳も可能ですが、ここでは前後のつながりを考えると無理があります。

Mother Mary comes to me / speaking words of wisdomは、スラッシュのところで歌詞が切れるのでなく、実際は1文と考えてよいです。

「母メアリーがやってきた / 含蓄のある言葉を口にしながら」と、「~しながら」と意味をとりましょう。これは分詞構文と呼ばれる英文法です。

rightは「ちょうど」

right in front of meのrightは「ちょうど」という意味です。

これは副詞の用法です。rightは他に「正しい」(形容詞)、「権利」(名詞)という意味もあります。

the brokenhearted people living in the worldは長い主語

the brokenhearted people [living in the world]は、[ ]の部分が後ろから前のpeopleを修飾しています。

the brokenhearted peopleで「心が傷つけられた人々」、[ ]の部分を含めると、「世界に住む心が傷つけられた人々」となります。

agreeは後ろに目的語を持っていないので、自動詞として訳します。

すべてまとめると「世界中に住む心が傷つけられた人々が仲良くやっていく」となります。

for thoughのfor = because

ここは解釈が分かれるかもしれません。

forは接続詞でbecause(というのも~)と同じ意味になります。続くthoughは「~だが」と逆接を示すこれも接続詞。通常、接続詞が2つ続くことはありません。

ここはしっくりとメロディーに歌詞が当てはまるように、forという1単語を入れているのではないかと思います。

これについてはまた別の機会に検証したいと思います。

shine onは命令文

shine onは「輝き続ける」という動詞。文頭の動詞と考えれば命令文になります。

shine on until tomorrowで「明日まで輝いてくれ」と懇願するようなフレーズと解釈してみてはどうでしょうか。

まとめ: Let It Be (The Beatles)

珠玉の名曲、ビートルズのLet It Beの歌詞和訳のポイントはいかがでしたか?

英語の教科書に載るぐらいスタンダードな楽曲なので、解釈が難しいところはそんなに見受けられません。

ビートルズの歌詞を正確に解釈する手助けになればと願っています。

おまけ: 語彙リスト

語彙意味
find oneselfふと気づくと~
in times of trouble困難のときに
words of wisdom含蓄のある言葉
hour of darkness暗闇の時間
rightちょうど
let it beあるがままに
whisper囁く
brokenhearted心を傷つけられた
though~だが
part別れる
wake up to~に目覚めて気づく